JF1UBH Homebrew Amateur Radio Station

今どきモノ好きにも 自作無線機での運用と、旧い無線機のレストアを中心に アマチュア無線を楽しんでいます。

08月 « 2017年09月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 10月

●ハムフェア 2017 その2

2017年 09月17日 10:57 (日)

以前から何度かメールで SDR の情報をくださった方より、ハムフェア 2017 で ブースを出すとの連絡をいただきましたので伺いました。

”SDR 技術友の会” を興して非営利で勉強会や情報交換をされて居られます。
ブースでは FlexRadio Systems 社の製品を展示されていました。
本業は別にあり、全く個人的に応援しているとの事です。 素晴らしいですね。


FlexRadio Systems 社 Maestro(左) + SmartSDR(右PC)
hamfair2017_sdr01_400.jpg


Maestro コントロール コンソール = PC操作ではなく無線機の操作感を好む人へ
hamfair2017_sdr02_300.jpg


ブース出展のみならずグループ作りや勉強会の活動等、その熱意には驚かされます。
私はアナログ人間ですが、こういう新技術を取り込んでいかないと時代に乗り遅れると思っています。 しかし、いきなり このクラスに行く勇気が無く、自分で原理を理解しないと入れない性なので、SDR 基板キットの製作から始めるパターンとなりそうです。

今後の氏の御活躍と会の御発展を祈らせていただきます。
スポンサーサイト

●ハムフェア 2017 その1

2017年 09月10日 11:27 (日)

ハムフェア 2017 に行って参りました。
涼しかったので長袖シャツで行くのは初めてです。 ここ数年のハムフェアではビッグサイトに到着するまでに汗ダラダラの記憶しかなく、涼しかった記憶はありません。 

メーカーブースではアイコムが IC-7610 を展示していましたが、私的には他に興味を引く目玉新製品はありませんでした。 ケンウッドは最近のハムフェアで昔のリグを展示する様になりましたが、今年もトリオ時代の旧製品を展示していました。

左から IFT ,9R-59 ,T-599/R-599ライン ,TS-900 ,一番右側は現行機種 TS-590
hamfair2017_ken01_450.jpg


9R-59 受信機(1960年) これは高校のクラブに置いてありましたので、すごく懐かしいです。
hamfair2017_ken02_300.jpg


左 T-599/R-599 HFセパレートタイプ送受信機(1973年)
              右 TS-900 HFトランシーバ(1973年)
hamfair2017_ken03_450.jpg

599 のパネルにはテプラならぬ、これまた懐かしい "ダイモ" が貼ってあったので、何方かの所有品を借りて来たのでしょうか?
余談ですがダイモを調べてみると、驚いたことに今も販売されているんですね!

ケンウッドHFリグの新製品開発サイクルが長くなり、その間は過去の栄光にすがり旧製品で繋いでいる?? それは言い過ぎかな。 (大変失礼いたしました)
しかしトリオ ファンには嬉しいものです。
私もファンなので、990 の次も頑張って欲しいものです。

●同サフィックスの局と出会う

2017年 08月27日 22:44 (日)

盆休みのある夕方、6mをワッチしているとバンドスコープが強力な信号を捉えたので、周波数を合わせ聞いていると同市内の局がラグチューしていました。
相手局は少し弱いながらも 「J・・UBH」 と聞こえたので 「え?同じサフィックス?」 と思い耳を疑いながらAFゲインを上げて、アンテナをあっちこっちに振り方向を探りながら聞き入りました。

すると、静岡県富士宮市のJR2UBH 局とコピー出来ました。 やはり同じサフィックスの局でした。 開局以来約44年、一度も出会わなかった同サフィックス局です。
これは声をかけずには居られまいという衝動に駆られました。 ラグチューが終わり声をかけると JR2UBH 局も驚いておられ、再割当コールとのことでしたが、やはり同サフィックスの局とのQSOは初めてとの事でした。
嬉しいことが少なく感じる歳ですが、久々に嬉しい思いでした。

QSOが終わった後、その前にQSOされていた局が声をかけてくださいまして、JR2UBH 局とは学生時代の同級生で実家が富士宮市で、仕事の関係で千葉にお住まいになられて17年とのことでした。 先ほどのQSOでは、以前 JR2UBH 局の信号が弱かったためメンテを進められ、アンテナケーブルを見たところM コネクタのPIN折れが判明し、修理した結果を確認するレポートのやり取りをされていました。

郷里を離れても同郷の同級生同士で時々QSOし、如何に信号が強く安定に QSO 出来るかを工夫されている様子を知り、これを聞いて自分も高校生時代は同級生やクラブの先輩たちとラグチューしていたのを想いだしました。
今や当時の同級生達は誰も無線に残っていないので寂しいかぎりですが、このお二方の話を聞き同サフィックスの嬉しさにも増して、さらにホッコリした気持ちになりました。

いつまでも同級生同士で無線の関係を続けて欲しいと思う、お節介おじさんでした。Hi

●生きています

2017年 07月29日 22:25 (土)

勤務している会社が 6月決算のため、その前後は何かと繁忙期になります。
期が変わった後の 7月も暫くは新期の目標設定とか中期計画策定やらで、土曜日の休みも返上してグループ会社が一堂に会し ミーティングや合宿を行うのです。(トホホ)

日曜日は開放感を求め、昼からビールを飲んでゴロゴロしているうちに寝てしまい、気が付くと夕方でEスポがオープンする確率も下がっている有様です。 orz

ブログも一か月以上サボっています。
そのうち、また合間にチビチビと書き始めます。

以上、生存宣言。

●変換表付きボールペン

2017年 05月28日 14:53 (日)

仕事で ある展示会に行ったとき、アメリカに本社がある高周波部品商社の説明員に名刺を出したら、後日会社宛てに製品ガイドブックと ノベルティのボールペンが送られてきました。
このボールペンが只者では無く、意外に優れものでした。
ballpen_20170519_01_400.jpg


胴体の横にスリットがあり、そこから出ている金属製の縁を引き出すと
スルスルと巻物が出てくる構造になっています。
ballpen_20170519_03_400.jpg


巻物には高周波に関する変換表が印刷されています。
50Ωにおける dBm-volts-watts 変換表です。
無線機自作派には、ちょっと便利かも。
ballpen_20170519_02_400.jpg


裏は取扱い製品のPRになっています。 これは面白いものを考えたなぁ~。
包装袋には ”MADE IN CHINA” とマーキングされていました。
web で調べると ノベルティ用に ” 巻物ボールペン ” としてありました。
展示会に行くと実用性の無さそうな変てこなノベルティを時々いただくこともありますが、これは使えそうです。

たしか昔見た映画で学生が試験のカンニングに使っていた仕掛けに似ているなぁ、と思いだしました! Hi