FC2ブログ

JF1UBH Homebrew Amateur Radio Station

今どきモノ好きにも 自作無線機での運用と、旧い無線機のレストアを中心に アマチュア無線を楽しんでいます。

08月 « 2018年09月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 10月

●ハムフェア 2018 新製品 その1

2018年 09月24日 22:05 (月)

更新が遅くなりましたが、ハムフェア 2018 に行って参りました。
いやぁ~暑かった~。 ここ数年のハムフェアで最高に暑かったです。

新製品の目玉と言えば、先ずは これでしょう。
YAESU FTDX-101
Hamfair2018_ftdx101_01_500.jpg


完全な ダイレクトサンプリング SDR では無く、一旦 9MHz 台の IF にダウンコンバートしてから A/D 変換しています。 ミキサの後段にルーフィングフィルターとしてクリスタルフィルターを通しています。 この方式を八重洲無線では「狭帯域 SDR」 と呼んでいます。

ダウンコンバージョンの機種が幾つか存在するのは、やはり この周波数帯におけるクリスタルフィルターのシェープファクターによる帯域外減衰特性が優れているということです。
これにより近接不要信号排除特性が向上することを狙っています。
言い換えると RF信号を直接 A/D 変換するダイレクトサンプリングSDR では、BPFの帯域制限程度だと A/D コンバーターに多数の強力な信号が入力される可能性が高く、オーバーロード状態になることを懸念しています。
なので A/D コンバーターの前段で狭帯域に制限してから入力するという意図のようです。

ディスプレイ (バンドスコープ) には、ダイレクトサンプリング SDR の方式をとっています。
ディスプレイは広帯域が必要ですし、アッテネータを入れてオーバーロードを回避しても良いからでしょうか。 
(以上の知ったかぶりコメントは、ブースのパネルとカタログの受け売りと素人の想像です。Hi )
Hamfair2018_ftdx101_02_500.jpg


200Wタイプの想定価格帯を係員に聞くと、60万円前後とのこと。
「ウワッ!結構するなぁ。」 という印象。 だったらFTDX-5000 の方が良いかなぁ?
買えないけど...
Hamfair2018_ftdx101_05_500.jpg


101を名乗るのなら、旧 FT-101 のデザイン的な面影を少しは残して欲しかったものです。
特にダイヤルエスカッション周辺くらいはイメージを残して欲しかったです。 パッと見たところ
似ているのは、メインダイヤル目盛りを指すブルーの三角形が相似形なくらいです。
Hamfair2018_ftdx101_04_500.jpg


ところがカタログの裏面をよく見ると、
「●RFゲインコントロールに位置の確認が容易な往年のFT-101を彷彿させるノブ形状を採用」 とありました。 RF ゲインのノブだけかョ~!

つづく ⇒ KENWOOD TS-890
スポンサーサイト

●中国出張 その2 上海

2018年 09月02日 19:12 (日)

中国出張で蘇州の次は上海に戻りました。
上海の観光地、豫園(よえん)をブラつきました。

1577年に完成した庭園です。
shanghai01_20180529_400.jpg


shanghai02_20180529_400.jpg


shanghai03_20180529_400.jpg


shanghai04_20180529_400.jpg


shanghai05_20180529_400.jpg


周辺の食堂で小龍包やら色々食べました。
その中で面白い食べ物が幾つかありました。

先ずは肉団子、デカイ~
一つを4人で分けても十分なボリウムでした。
shanghai07_20180529_300.jpg


たぶんキティちゃんの模倣と思われる饅頭。 笑!
shanghai08_20180529_300.jpg


これはキノコに見えますよねぇ?
kinoko01_20180529_300.jpg


ところが、正体は...饅頭でした。Hi
ちゃんと軸も付いているし、これはパロディなのか?
kinoko02_20180529_300.jpg


さて、この店は何でしょう?
右から「星巴克珈琲」。
shanghai06_20180529_400.jpg

スターバックスなのです。
星だけを英語読みすると、「スターハッカツコーヒー」なのか?
最初は、にせものかと思いましたが本物のようです。
以前、蘇州で「UBC 上島珈琲」という店を見かけました。
UCCでなくてUBCですよ! さすが中国。

帰りは日が暮れて、上海タワーがスモッグで微妙にかすんで幻想的でもありました。
shanghai09_20180529_400.jpg


中国には何度か来ていますが、未だアマチュア無線らしきアンテナは
見たことがありません。

●中国出張 その1 蘇州

2018年 08月14日 14:27 (火)

少しの間、中国の蘇州と上海に仕事で出張していました。
何やかんやで、その前後も含めて無線もブログもSTOP状態でした。
会社の決算期が6月締めのせいもあり、毎年Eスポの時期になると何かと土日の不在日が多くなって、オンエアする時間が少なくなってしまいます。 トホホ~
会社のオフィスや工場の写真を出してもしょうがないので、休日にぶらついた観光地の写真を少し載せます。 中国の歴史に詳しくないため、説明はサラッと。

先ずは蘇州から。
上海浦東空港からクルマで高速を走って約一時間半。
イタリアの「ピサの斜塔」は世界的に有名ですが、中国蘇州にピサならぬ「虎丘の斜塔」があるのを御存知でしょうか? 実は、かく言う私も最近まで知りませんでした。
蘇州の雲岩寺にある雲岩寺塔で、俗称 虎丘塔がそれです。
ここには呉の時代の王様 闔閭(こうりょ)の墓があり、死後 埋葬された時に白い虎が現れ3日間 墓を守ったとされていて、この一帯を虎丘というようになったとのことです。
虎丘は世界文化遺産に登録されています。

入口の門の向こうに見えているのが それです。
少~し右側に傾いているのが分かりますか? 後ほどアップあり。
toraoka_20180528_01_400.jpg


門をくぐって少し行くと孫悟空...が休憩していました!
手の着ぐるみを取り、携帯電話(スマホ?)をいじっていました。Hi
真面目に仕事しろ~ ディズニーランドでは有り得ないけど、中国では有りなのですね?
gokuu_20180528_400.jpg


この廟門を通り抜けると...
toraoka_20180528_02_400.jpg


一面の石畳が拡がり、向こう側には千人石という石舞台が見えます。
toraoka_20180528_04_400.jpg


これは試剣石と言い、伝説で呉の王 闔閭が剣の鋭さを試すために切ったという石です。
同行した現地スタッフの中国人が日本語で「ウソ!」と私の耳元に小声で囁きました。Hi
toraoka_20180528_03_400.jpg


幾つかの門をくぐって登って行くと、思ったよりも早く虎丘塔が近づいて来ました。
toraoka_20180528_05_270.jpg toraoka_20180528_06_270.jpg


雲岩寺塔の直下で。
通称 虎丘塔 959年建立、高さ 47.7m 傾斜 3.95°
ちなみにピサの斜塔は、高さ 55.86m 傾斜3.99°だそうです。
トップに 6mの八木でも上げたら飛びそうです。
toraoka_20180528_07_350.jpg


蘇州のもう一つの名所 「寒山寺」 です。 除夜の鐘で有名な寺です。
5元で鐘を突かせてくれます。(出張当時のレート:1元≒17.77円)
kanzanji_20180528_350.jpg

蘇州は ここら辺で。
盆休みにこれを書いていますが、また仕事が始まると次の更新はいつになることやら。

●最新のテクトロニクス

2018年 03月10日 22:55 (土)

会社の開発現場で使っているオシロスコープが古くなって来たため、新型を導入して欲しいと 技術者から要望が出たので、最新のオシロスコープを 3台購入しました。
そのうち 2 台がテクトロニクス製で、1 台が中国製です。

昭和のエンジニアにとってテクトロニクスは憧れのオシロスコープで、一目置かれていました。 しかも 1MHz あたり 1万円と言われていた時代もあり高嶺の花でした。 つまり帯域 100MHz のオシロは約 100万円と言われていました。 しかしディジタル化して競合が増えて低価格化して来たことにより、アナログ時代の技術的優位性や独創性が薄らいだ気がします。
(気がするだけかも知れないですが?)

テクトロが 2台揃って。 右側はスペアナ内蔵の上位機種。 
tek_20170428_400.jpg


スペアナ内蔵機種  一番右下が S/A 入力コネクタ。
tek_20170501_400.jpg


パネルは樹脂製の明るい色で、スイッチの色もカラフルになってしまい、TFTカラー液晶ディスプレイなので薄くなっており、昭和世代の私にとって、これはラジカセ? と思ってしまうのです...あの頃のラジカセでさえ、これほど明るくて色も付いていなかったとは記憶していますが。

真ん中の大きい二重ダイヤルはジョグダイヤルになっていて、水平軸の切換えでなく水平軸の時間ズームとパン調整になっている。 水平軸切換えは、その右下の小さなダイヤルのため時間を調整するとき、どうしてもジョグダイヤルに指が行ってしまうのは昭和のオジサンの性でしょうか?。 昔からの操作感は通用しません。
慣れの問題でしょうが、オジサンには違和感が大きいです。 Hi


少々前のテクトロ 3000シリーズ ディジタル フォスファ オシロスコープ(会社の設備)
パネルは樹脂製だが、まだ それほどカラフルではない。 これも TFTカラー液晶ディスプレイ。
tek_2017050201_350.jpg


これも 20年位前のテクトロ 300シリーズ ディジタル オシロ スコープ(会社の設備)
これもパネルは樹脂製だが、ほぼ色気なし。 これはラスタスキャンブラウン管
tek_2017050202_350.jpg


いまだ現役、自宅にあるウン十年前のテクトロ 465シリーズ アナログ オシロ スコープ
これ辺りが昭和年代の方には お馴染みですね。 時間軸は右側のセンターが赤いダイヤルをガチャガチャガチャと回します。 パネルも筐体も、しっかりと金属製です。
如何にも電気屋の道具といった貫禄があります。
940S_OSI_RY_01_400.jpg


アマチュア無線機もそうですが、昔は操作パネルも鉄やアルミダイキャストのガッチリしたモノでしたが、今は樹脂製で重みや貫禄が感じられません。 現代のモノは無線機や測定器に限らず、昔に比べ性能的には圧倒的に優れているのですが、見た目は華奢な感じのモノが多いですね。
デザインが洗練されて来たという言い方もありましょうが、コスト的な理由で安い材料を使い、手間をかけずに少ない工数で大量に作り上げることを極めていくと、濃い味が薄味になっていく、そんな感じの印象を受けます。

それが時代の流れなのでしょうか?
こんなことを言いだすと「ジジィ」ですね。

●TS-511S AGC修理 その2

2018年 02月25日 16:16 (日)

前回に引き続き、 正月から TS511S の修理を試みて原因が分からず、半ば暗礁に乗り上げて作業机の上で起きっ放しになっていましたが、やっとのことで解決しました。

AGC検出電圧が入力される IF 段 真空管 6BA6 の第 1 グリッドをオシロで見ていると、時間経過とともにグリッド電圧が上昇して行くのが分かりました。
左のシールドカバーを外した真空管です。
511S_AGC02_20180108_400.jpg


どうも電圧が上昇する理屈が分からないので、手持ちの 6BA6 と交換して見ました。
すると時間経過後も AGCの時定数変化は起きませんし、グリッド電圧も安定しています。 
511S_AGC01_20180108_350.jpg


コイツが犯人でした。
511S_AGC05_20180110_200.jpg

何だろう? テスターチェックで電極同士のタッチは無し。
リーク? 真空度の低下? 経年劣化で起きる??
ウ~ン、真空管自身に問題あるトラブルシューティングには自分は弱いです、Hi。

真空管に辿り着くまでの間、部品交換するため ソケットだらけにしちゃいました。
511S_AGC04_20180108_300.jpg

もっと早くから現象をつかむべきでした。 反省!
修理できたものの後味が悪い結末でした。