JF1UBH Homebrew Amateur Radio Station

今どきモノ好きにも 自作無線機での運用と、旧い無線機のレストアを中心に アマチュア無線を楽しんでいます。

06月 « 2018年07月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 08月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●まえがき

2013年 07月21日 19:15 (日)

○自作50MHz SSBトランシーバ

  FRONT_01_592.jpg

今まで何台かトランシーバを作りましたが、気に入らない箇所が必ず出てきて、作っては改良,改悪を繰り返し、どうしてもサブ機的な範疇を越えず、結局は満足がいかずに永く付き合えない、ということになっていました。

少し時が経って、腰を据えて日常的にメイン機としても使えることを目指して、基本性能と使い心地を重視して、再度重~い腰を上げ、じっくりと作りました。 自作をする方の中で多作な方が いらっしゃいますが、私は じっくり型なので作品は少ないです。
現在は、これを現用メイン機として使用しています。

製作方法や注意点、また 代替え部品に関しても書いていますが、設計時点が15年以上も前と古いため 入手不能な部品が多く、 再現して製作するというよりは、各部の動作や考え方に重点をおいて書いています。 したがいまして、定量的な 設計計算等は避けて定性的な説明にしています。 自作に興味のある方、自作をされなくても無線機のハードウェアに興味ある方への参考となれば幸いです。

オシロ波形
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。