FC2ブログ

JF1UBH Homebrew Amateur Radio Station

今どきモノ好きにも 自作無線機での運用と、旧い無線機のレストアを中心に アマチュア無線を楽しんでいます。

11月 « 2018年12月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 01月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●ハムフェア 2018 新製品 その2

2018年 10月08日 22:53 (月)

ハムフェア 2018 での新製品、お次はこれ。
KENWOOD TS-890。 予想通り 990 の下位機種が出ました。
Hamfair2018_kenwood_01_500.jpg


これも FTDX-101 と同様のダウンコンバージョン方式をとっています。
ひと昔前のアップコンバージョン全盛の頃 、ダウンコンバージョンやシングルコンバージョン方式は、自作リグにしか残らないと言われていました。
しかし、アップコンバート後の 40MHz台や 70MHz台のフィルターは、8~9MHz 台のフィルターよりシェープファクターが優れていなかったため、近接妨害信号排除特性を重視する傾向が強くなってくると、ダウンコンバージョンに戻ってきました。
技術トレンドは、機器に要求される性能と部品の性能やコストとのバランスで、変わっていくものなのですね。

自分の自作 50MHz SSB 機も IF 9MHzのダウンコンバージョンです。
自作だとシンプルな、この方式が一番作りやすいという理由です。

TS-890は 8MHz 台の IF にダウンコンバートしてから A/D 変換しています。 ミキサ後段のルーフィングフィルターも FTDX-101 と同様に写真のクリスタルフィルターを通しています。
KENWOOD は慎重派のようで FTDX-101 と異なり、ディスプレイ信号も IF ダウンコンバートしたミキサ後段から信号を分岐しています。
ディスプレイ信号は広帯域が必要なので、ルーフィングフィルタを通す前段から信号をとります。
Hamfair2018_kenwood_02_350.jpg


ICOM は RF ダイレクトサンプリング SDR を採用していますが、八重洲無線とKENWOOD の2社が採用しているダウンコンバージョンに使用するミキサで発生する非線形歪みを懸念して、ミキサを使用しないダイレクトサンプリング方式を ICOM は提唱しています。
ここら辺の主張の是非は別として、メーカーの得意不得意が出ているのだろうなと思っています。

個人的には、いつか出るであろう TS-990 のバージョンアップか上位機種の登場が楽しみです。
買えないけど...
スポンサーサイト

●ハムフェア 2018 新製品 その1

2018年 09月24日 22:05 (月)

更新が遅くなりましたが、ハムフェア 2018 に行って参りました。
いやぁ~暑かった~。 ここ数年のハムフェアで最高に暑かったです。

新製品の目玉と言えば、先ずは これでしょう。
YAESU FTDX-101
Hamfair2018_ftdx101_01_500.jpg


完全な ダイレクトサンプリング SDR では無く、一旦 9MHz 台の IF にダウンコンバートしてから A/D 変換しています。 ミキサの後段にルーフィングフィルターとしてクリスタルフィルターを通しています。 この方式を八重洲無線では「狭帯域 SDR」 と呼んでいます。

ダウンコンバージョン機が幾つか存在するのは、やはり この周波数帯におけるクリスタルフィルターのシェープファクターによる帯域外減衰特性が優れているということです。
これにより近接不要信号排除特性が向上することを狙っています。
言い換えると RF信号を直接 A/D 変換するダイレクトサンプリングSDR では、BPFの帯域制限程度だと A/D コンバーターに多数の強力な信号が入力される可能性が高く、オーバーロード状態になることを懸念しています。
なので A/D コンバーター前段で帯域制限してから入力するという意図のようです。

ディスプレイ (バンドスコープ) には、ダイレクトサンプリング SDR の方式をとっています。 ディスプレイは広帯域が必要ですし、アッテネータを入れてオーバーロードを回避しても良いからでしょうか。 
(以上の知ったかぶりコメントは、ブースのパネルとカタログからの受け売り、そして素人の想像ですので悪しからず。Hi )
Hamfair2018_ftdx101_02_500.jpg


200Wタイプの想定価格帯を係員に聞くと、60万円前後とのこと。
「ウワッ!結構するなぁ。」 という印象。 だったらFTDX-5000 の方が良いかなぁ?
買えないけど...
Hamfair2018_ftdx101_05_500.jpg


101を名乗るのなら、旧 FT-101 のデザイン的な面影を少しは残して欲しかったものです。 特にダイヤルエスカッション周辺くらいはイメージを残して欲しかったです。
パッと見たところ似ているのは、メインダイヤル目盛りを指すブルーの三角形が相似形であることくらいです。
Hamfair2018_ftdx101_04_500.jpg


ところがカタログの裏面をよく見ると、
「●RFゲインコントロールに位置の確認が容易な往年のFT-101を彷彿させるノブ形状を採用」 とありました。 RF ゲインのノブだけかョ~!

つづく ⇒ KENWOOD TS-890

●最新のテクトロニクス

2018年 03月10日 22:55 (土)

会社の開発現場で使っているオシロスコープが古くなって来たため、新型を導入して欲しいと 技術者から要望が出たので、最新のオシロスコープを 3台購入しました。
そのうち 2 台がテクトロニクス製で、1 台が中国製です。

昭和のエンジニアにとってテクトロニクスは憧れのオシロスコープで、一目置かれていました。 しかも 1MHz あたり 1万円と言われていた時代もあり高嶺の花でした。 つまり帯域 100MHz のオシロは約 100万円と言われていました。 しかしディジタル化して競合が増えて低価格化して来たことにより、アナログ時代の技術的優位性や独創性が薄らいだ気がします。
(気がするだけかも知れないですが?)

テクトロが 2台揃って。 右側はスペアナ内蔵の上位機種。 
tek_20170428_400.jpg


スペアナ内蔵機種  一番右下が S/A 入力コネクタ。
tek_20170501_400.jpg


パネルは樹脂製の明るい色で、スイッチの色もカラフルになってしまい、TFTカラー液晶ディスプレイなので薄くなっており、昭和世代の私にとって、これはラジカセ? と思ってしまうのです...あの頃のラジカセでさえ、これほど明るくて色も付いていなかったとは記憶していますが。

真ん中の大きい二重ダイヤルはジョグダイヤルになっていて、水平軸の切換えでなく水平軸の時間ズームとパン調整になっている。 水平軸切換えは、その右下の小さなダイヤルのため時間を調整するとき、どうしてもジョグダイヤルに指が行ってしまうのは昭和のオジサンの性でしょうか?。 昔からの操作感は通用しません。
慣れの問題でしょうが、オジサンには違和感が大きいです。 Hi


少々前のテクトロ 3000シリーズ ディジタル フォスファ オシロスコープ(会社の設備)
パネルは樹脂製だが、まだ それほどカラフルではない。 これも TFTカラー液晶ディスプレイ。
tek_2017050201_350.jpg


これも 20年位前のテクトロ 300シリーズ ディジタル オシロ スコープ(会社の設備)
これもパネルは樹脂製だが、ほぼ色気なし。 これはラスタスキャンブラウン管
tek_2017050202_350.jpg


いまだ現役、自宅にあるウン十年前のテクトロ 465シリーズ アナログ オシロ スコープ
これ辺りが昭和年代の方には お馴染みですね。 時間軸は右側のセンターが赤いダイヤルをガチャガチャガチャと回します。 パネルも筐体も、しっかりと金属製です。
如何にも電気屋の道具といった貫禄があります。
940S_OSI_RY_01_400.jpg


アマチュア無線機もそうですが、昔は操作パネルも鉄やアルミダイキャストのガッチリしたモノでしたが、今は樹脂製で重みや貫禄が感じられません。 現代のモノは無線機や測定器に限らず、昔に比べ性能的には圧倒的に優れているのですが、見た目は華奢な感じのモノが多いですね。
デザインが洗練されて来たという言い方もありましょうが、コスト的な理由で安い材料を使い、手間をかけずに少ない工数で大量に作り上げることを極めていくと、濃い味が薄味になっていく、そんな感じの印象を受けます。

それが時代の流れなのでしょうか?
こんなことを言いだすと「ジジィ」ですね。

●ハムフェア 2017 その5

2017年 10月07日 14:39 (土)

ハムフェア 2017 での収穫品、オマケ的ノベルティです。

ヤエス ノベルティ CAP
hamfair2017_cap_300.jpg
これは ¥0 です。
昨年は並んでアンケートを書けばもらえたのですが、今年は条件が出来て 1.YAESU製品を持参して来た方 2.APRS云々... 3...だったかな? とにかくヤエス ブースでは条件が満たされず いただけませんでしたが、会場内でボランティアをしていた友人ローカル局からいただきました。 有り難う御座います。
とは言え、帽子をかぶるのは草取りの時くらいなのです。


デイトン ハムベンション ノベルティ ボールペン
hamfair2017_pen01_350.jpg


hamfair2017_pen02_350.jpg
これも ¥0 です。
午後4時頃になり、そろそろ疲れて足どりも重くブラブラしていると、デイトン ブースの前でWのオジサンに手招きされて近寄ると これを差し出され、いただきました。
「Thank you very much !」

また来年もジャンクを漁りにハムフェアに行くつもり!

●ハムフェア 2017 その4

2017年 10月01日 01:06 (日)

前回に引き続き、ハムフェア 2017 での収獲品です。

これまた 4系統の同軸切替器です。
これはちゃんとした高周波伝送機器メーカー、スタック電子の同軸切替器です。
御覧のとおり ¥1,000 の値付けがされており激安です。 意地悪にも さらに値切ったら、右の BNC/BNC 中継コネクタを 2個オマケに付けてくれました。 ゴメンナサイ!

左:同軸切替器(4系統)         右:BNC/BNC 中継コネクタ
hamfair2017_sw01a_300.jpg  hamfair2017_bnc_200.jpg


これも中を開けて見ました。
hamfair2017_sw05_400.jpg
基板のボトム側ですが明らかにリレーを使っていますね。 DC ~ 2GHz ,Zo = 50Ω と きちんと謳っていますので、前回の 2系統同軸切替器のように高周波リレーを使っていると思われます。

手動切り換え型は別として、電気式の同軸切替器は大出力用でなければ、前出 下の同軸切替器のように背負ったリレーで同軸構造の中心電極を駆動して切換えるタイプから、上記のような高周波リレータイプに代わって来ているのでしょう。
coaxsw_20150802_400.jpg


今年のハムフェアでの主な収獲品は こんなところでしたが、自分的には当たり年でした。 特に同軸切替器は安く入手出来ました。 無線機を含め測定器等、RF機器の切り換えや接続に使おうと思います。

新品なら数万円の物が千円単位で買えるのですから、ジャンク漁りは やめられません!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。