FC2ブログ

JF1UBH Homebrew Amateur Radio Station

今どきモノ好きにも 自作無線機での運用と、旧い無線機のレストアを中心に アマチュア無線を楽しんでいます。

07月 « 2018年08月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 09月

●最新のテクトロニクス

2018年 03月10日 22:55 (土)

会社の開発現場で使っているオシロスコープが古くなって来たため、新型を導入して欲しいと 技術者から要望が出たので、最新のオシロスコープを 3台購入しました。
そのうち 2 台がテクトロニクス製で、1 台が中国製です。

昭和のエンジニアにとってテクトロニクスは憧れのオシロスコープで、一目置かれていました。 しかも 1MHz あたり 1万円と言われていた時代もあり高嶺の花でした。 つまり帯域 100MHz のオシロは約 100万円と言われていました。 しかしディジタル化して競合が増えて低価格化して来たことにより、アナログ時代の技術的優位性や独創性が薄らいだ気がします。
(気がするだけかも知れないですが?)

テクトロが 2台揃って。 右側はスペアナ内蔵の上位機種。 
tek_20170428_400.jpg


スペアナ内蔵機種  一番右下が S/A 入力コネクタ。
tek_20170501_400.jpg


パネルは樹脂製の明るい色で、スイッチの色もカラフルになってしまい、TFTカラー液晶ディスプレイなので薄くなっており、昭和世代の私にとって、これはラジカセ? と思ってしまうのです...あの頃のラジカセでさえ、これほど明るくて色も付いていなかったとは記憶していますが。

真ん中の大きい二重ダイヤルはジョグダイヤルになっていて、水平軸の切換えでなく水平軸の時間ズームとパン調整になっている。 水平軸切換えは、その右下の小さなダイヤルのため時間を調整するとき、どうしてもジョグダイヤルに指が行ってしまうのは昭和のオジサンの性でしょうか?。 昔からの操作感は通用しません。
慣れの問題でしょうが、オジサンには違和感が大きいです。 Hi


少々前のテクトロ 3000シリーズ ディジタル フォスファ オシロスコープ(会社の設備)
パネルは樹脂製だが、まだ それほどカラフルではない。 これも TFTカラー液晶ディスプレイ。
tek_2017050201_350.jpg


これも 20年位前のテクトロ 300シリーズ ディジタル オシロ スコープ(会社の設備)
これもパネルは樹脂製だが、ほぼ色気なし。 これはラスタスキャンブラウン管
tek_2017050202_350.jpg


いまだ現役、自宅にあるウン十年前のテクトロ 465シリーズ アナログ オシロ スコープ
これ辺りが昭和年代の方には お馴染みですね。 時間軸は右側のセンターが赤いダイヤルをガチャガチャガチャと回します。 パネルも筐体も、しっかりと金属製です。
如何にも電気屋の道具といった貫禄があります。
940S_OSI_RY_01_400.jpg


アマチュア無線機もそうですが、昔は操作パネルも鉄やアルミダイキャストのガッチリしたモノでしたが、今は樹脂製で重みや貫禄が感じられません。 現代のモノは無線機や測定器に限らず、昔に比べ性能的には圧倒的に優れているのですが、見た目は華奢な感じのモノが多いですね。
デザインが洗練されて来たという言い方もありましょうが、コスト的な理由で安い材料を使い、手間をかけずに少ない工数で大量に作り上げることを極めていくと、濃い味が薄味になっていく、そんな感じの印象を受けます。

それが時代の流れなのでしょうか?
こんなことを言いだすと「ジジィ」ですね。
スポンサーサイト

●ハムフェア 2017 その5

2017年 10月07日 14:39 (土)

ハムフェア 2017 での収穫品、オマケ的ノベルティです。

ヤエス ノベルティ CAP
hamfair2017_cap_300.jpg
これは ¥0 です。
昨年は並んでアンケートを書けばもらえたのですが、今年は条件が出来て 1.YAESU製品を持参して来た方 2.APRS云々... 3...だったかな? とにかくヤエス ブースでは条件が満たされず いただけませんでしたが、会場内でボランティアをしていた友人ローカル局からいただきました。 有り難う御座います。
とは言え、帽子をかぶるのは草取りの時くらいなのです。


デイトン ハムベンション ノベルティ ボールペン
hamfair2017_pen01_350.jpg


hamfair2017_pen02_350.jpg
これも ¥0 です。
午後4時頃になり、そろそろ疲れて足どりも重くブラブラしていると、デイトン ブースの前でWのオジサンに手招きされて近寄ると これを差し出され、いただきました。
「Thank you very much !」

また来年もジャンクを漁りにハムフェアに行くつもり!

●ハムフェア 2017 その4

2017年 10月01日 01:06 (日)

前回に引き続き、ハムフェア 2017 での収獲品です。

これまた 4系統の同軸切替器です。
これはちゃんとした高周波伝送機器メーカー、スタック電子の同軸切替器です。
御覧のとおり ¥1,000 の値付けがされており激安です。 意地悪にも さらに値切ったら、右の BNC/BNC 中継コネクタを 2個オマケに付けてくれました。 ゴメンナサイ!

左:同軸切替器(4系統)         右:BNC/BNC 中継コネクタ
hamfair2017_sw01a_300.jpg  hamfair2017_bnc_200.jpg


これも中を開けて見ました。
hamfair2017_sw05_400.jpg
基板のボトム側ですが明らかにリレーを使っていますね。 DC ~ 2GHz ,Zo = 50Ω と きちんと謳っていますので、前回の 2系統同軸切替器のように高周波リレーを使っていると思われます。

手動切り換え型は別として、電気式の同軸切替器は大出力用でなければ、前出 下の同軸切替器のように背負ったリレーで同軸構造の中心電極を駆動して切換えるタイプから、上記のような高周波リレータイプに代わって来ているのでしょう。
coaxsw_20150802_400.jpg


今年のハムフェアでの主な収獲品は こんなところでしたが、自分的には当たり年でした。 特に同軸切替器は安く入手出来ました。 無線機を含め測定器等、RF機器の切り換えや接続に使おうと思います。

新品なら数万円の物が千円単位で買えるのですから、ジャンク漁りは やめられません!

●ハムフェア 2017 その3

2017年 09月24日 22:48 (日)

ハムフェア 2017 での収獲品です。

左:パワー スプリッター/コンバイナー 右:同軸切替器(2系統)
hamfair2017_sw02a_400.jpg
それぞれが ¥1,000 だったのですが値切ったら、この二つで ¥1,000 になりました!
パワー スプリッター/コンバイナー (ミニサーキッツ製) は調べたら、500MHz ~ 1GHz でした、残念! 50MHz で使いたかったのですが、データシートのグラフを見ると 500MHz より低い周波数では ISOLATION が悪化して行く様子が見て取れます。

パワー スプリッターは一つの信号源から二つに分配するとき、コンバイナーは その逆で二つの信号を一つに合成するときに使います。 例えばスプリッターは一つの LO 出力を送受信別々のミキサーに供給する際に使います。 コンバイナーは受信機の2信号特性を試験する場合などに、二台のSSG出力を合成して受信機に入力する際に使います。
この動作は互いに可逆性があるので、入力信号の向きを逆にすると動作が逆になります。

何とかして 50MHz で使えないものかと思い、蓋を開けてみました。
hamfair2017_sw06_400.jpg


出た!マイクロストリップライン。
hamfair2017_sw07_300.jpg
これは私のレベルでは とても太刀打ちできない代物なので、すごすごと尻尾を巻いて蓋を閉めました。 いずれストリップラインを切り、抵抗器で分配器を作ろうと思います。 挿入損失が 6dB になりますが 50MHz も含めて広範囲で使えるようになります。


2系統同軸切替器はメーカー不明ですが12V 駆動なので、よくある 24V 駆動に較べて使い易いです。 ただ、中を開けたらオムロン製のミニチュアリレーが基板に載っていたので、少々ガッカリしてしまいました。
hamfair2017_sw03_300.jpg  hamfair2017_sw04_300.jpg
ケースのシールには ” 同軸リレー ” とあるので確かにリレーが載ってはいるが、果たして ” 同軸 ” と言えるのかどうか?と疑問が沸いてきました。 以前の同軸切替器といえば、同軸構造でインピーダンス整合がされており、芯線側が板バネになっていて切り換える物が主流でした。

このリレーを調べると 3GHz まで使える高周波リレーでした。 2.6GHz で SWR 1.5 以下、インピーダンス 50Ωというものでスペックは きちんとしているので少し安心しました。Hi  リレー内部は同軸構造ではなく ストリップラインとのこと、BNC コネクタが付いているから同軸リレーと呼んでいるのかナ? 昔からの慣例で同軸リレーと呼ばざるを得ないのでしょうかネ?

収穫品は次回に続きます。

●ハムフェア 2017 その2

2017年 09月17日 10:57 (日)

以前から何度かメールで SDR の情報をくださった方より、ハムフェア 2017 で ブースを出すとの連絡をいただきましたので伺いました。

”SDR 技術友の会” を興して非営利で勉強会や情報交換をされて居られます。
ブースでは FlexRadio Systems 社の製品を展示されていました。
本業は別にあり、全く個人的に応援しているとの事です。 素晴らしいですね。


FlexRadio Systems 社 Maestro(左) + SmartSDR(右PC)
hamfair2017_sdr01_400.jpg


Maestro コントロール コンソール = PC操作ではなく無線機の操作感を好む人へ
hamfair2017_sdr02_300.jpg


ブース出展のみならずグループ作りや勉強会の活動等、その熱意には驚かされます。
私はアナログ人間ですが、こういう新技術を取り込んでいかないと時代に乗り遅れると思っています。 しかし、いきなり このクラスに行く勇気が無く、自分で原理を理解しないと入れない性なので、SDR 基板キットの製作から始めるパターンとなりそうです。

今後の氏の御活躍と会の御発展を祈らせていただきます。