FC2ブログ

JF1UBH Homebrew Amateur Radio Station

今どきモノ好きにも 自作無線機での運用と、旧い無線機のレストアを中心に アマチュア無線を楽しんでいます。

11月 « 2018年12月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 01月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●中国出張 その2 上海

2018年 09月02日 19:12 (日)

中国出張で蘇州の次は上海に戻りました。
上海の観光地、豫園(よえん)をブラつきました。

1577年に完成した庭園です。
shanghai01_20180529_400.jpg


shanghai02_20180529_400.jpg


shanghai03_20180529_400.jpg


shanghai04_20180529_400.jpg


shanghai05_20180529_400.jpg


周辺の食堂で小龍包やら色々食べました。
その中で面白い食べ物が幾つかありました。

先ずは肉団子、デカイ~
一つを4人で分けても十分なボリウムでした。
shanghai07_20180529_300.jpg


たぶんキティちゃんの模倣と思われる饅頭。 笑!
shanghai08_20180529_300.jpg


これはキノコに見えますよねぇ?
kinoko01_20180529_300.jpg


ところが、正体は...饅頭でした。Hi
ちゃんと軸も付いているし、これはパロディなのか?
kinoko02_20180529_300.jpg


さて、この店は何でしょう?
右から「星巴克珈琲」。
shanghai06_20180529_400.jpg

スターバックスなのです。
星だけを英語読みすると、「スターハッカツコーヒー」なのか?
最初は、にせものかと思いましたが本物のようです。
以前、蘇州で「UBC 上島珈琲」という店を見かけました。
UCCでなくてUBCですよ! さすが中国。

帰りは日が暮れて、上海タワーがスモッグで微妙にかすんで幻想的でもありました。
shanghai09_20180529_400.jpg


中国には何度か来ていますが、未だアマチュア無線らしきアンテナは
見たことがありません。
スポンサーサイト

●中国出張 その1 蘇州

2018年 08月14日 14:27 (火)

少しの間、中国の蘇州と上海に仕事で出張していました。
何やかんやで、その前後も含めて無線もブログもSTOP状態でした。
会社の決算期が6月締めのせいもあり、毎年Eスポの時期になると何かと土日の不在日が多くなって、オンエアする時間が少なくなってしまいます。 トホホ~
会社のオフィスや工場の写真を出してもしょうがないので、休日にぶらついた観光地の写真を少し載せます。 中国の歴史に詳しくないため、説明はサラッと。

先ずは蘇州から。
上海浦東空港からクルマで高速を走って約一時間半。
イタリアの「ピサの斜塔」は世界的に有名ですが、中国蘇州にピサならぬ「虎丘の斜塔」があるのを御存知でしょうか? 実は、かく言う私も最近まで知りませんでした。
蘇州の雲岩寺にある雲岩寺塔で、俗称 虎丘塔がそれです。
ここには呉の時代の王様 闔閭(こうりょ)の墓があり、死後 埋葬された時に白い虎が現れ3日間 墓を守ったとされていて、この一帯を虎丘というようになったとのことです。
虎丘は世界文化遺産に登録されています。

入口の門の向こうに見えているのが それです。
少~し右側に傾いているのが分かりますか? 後ほどアップあり。
toraoka_20180528_01_400.jpg


門をくぐって少し行くと孫悟空...が休憩していました!
手の着ぐるみを取り、携帯電話(スマホ?)をいじっていました。Hi
真面目に仕事しろ~ ディズニーランドでは有り得ないけど、中国では有りなのですね?
gokuu_20180528_400.jpg


この廟門を通り抜けると...
toraoka_20180528_02_400.jpg


一面の石畳が拡がり、向こう側には千人石という石舞台が見えます。
toraoka_20180528_04_400.jpg


これは試剣石と言い、伝説で呉の王 闔閭が剣の鋭さを試すために切ったという石です。
同行した現地スタッフの中国人が日本語で「ウソ!」と私の耳元に小声で囁きました。Hi
toraoka_20180528_03_400.jpg


幾つかの門をくぐって登って行くと、思ったよりも早く虎丘塔が近づいて来ました。
toraoka_20180528_05_270.jpg toraoka_20180528_06_270.jpg


雲岩寺塔の直下で。
通称 虎丘塔 959年建立、高さ 47.7m 傾斜 3.95°
ちなみにピサの斜塔は、高さ 55.86m 傾斜3.99°だそうです。
トップに 6mの八木でも上げたら飛びそうです。
toraoka_20180528_07_350.jpg


蘇州のもう一つの名所 「寒山寺」 です。 除夜の鐘で有名な寺です。
5元で鐘を突かせてくれます。(出張当時のレート:1元≒17.77円)
kanzanji_20180528_350.jpg

蘇州は ここら辺で。
盆休みにこれを書いていますが、また仕事が始まると次の更新はいつになることやら。

●スイス・ドイツ出張 11.フランクフルト移動

2016年 05月22日 22:15 (日)

スイス,ドイツ出張 7日目 2015年 11月 18日 (水)
翌日帰国のため、フェルバートから フランクフルトに向かいました。


151118_FNC01a_270.jpg 151118_FNC02_270.jpg


相変わらず郊外では城やら教会やら、こういう建物が多い。
151118_FNC03_550.jpg


速度制限 120 km/h 表示のところで、前を行く車と その前のクルマが ほぼ同時に急ブレーキ! こちらはパニックブレーキとまでは いかなかったですが結構慌てました。
原因は右の小路に止まっている 緑のストライプの車です。 そう、ドイツのパトカーでした。 こうやって待ち構えているんですね。 日本人の私には緑色で ピン と来ません。 青のパトライトに気付けば 「もしかしてパトカー?」 とは思いますが。
151118_FNC04_550.jpg


そこを通り過ぎ、しばらく行くと 前の車2台は ” グイ~ン ” と加速して行きました。
もちろん、制限速度を超えて行きました。
151118_FNC05_550.jpg


近代的な建物が現れ、だんだん都会っぽくなってきました。 これはホテル。
https://de.wikipedia.org/wiki/Radisson_Blu_Hotel_Frankfurt
151118_FNC06_550.jpg


151118_FNC07_550.jpg

フランクフルト メッセ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%83%83%E3%82%BB%E3%83%BB%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%83%95%E3%83%AB%E3%83%88
151118_FNC08_550.jpg


フランクフルト駅の横側
151118_FNC09_550.jpg


フランクフルトの宿泊ホテルはとっていなかったので、駅の案内所でホテルを探しました。 今回は結構、行き当たりばったりの出張でした。
駅構内から外側           駅構内からホーム側
151118_FNC11_270.jpg 151118_FNC12_270.jpg

フランクフルト駅からホテルに行く途中にあった、名前は判らないが形が印象的なビル。
151118_FNC10_550.jpg


ここに宿泊
151118_FNC13_400.jpg


夕食のため町を散歩しました。 ホテルの斜向かいに建っている城の様なビル。
都会の真ん中で、ここだけ時空が違う感じ?
151118_FNC14_550.jpg


ホテルのフロントで和食レストランを聞いて、たどり着いた店の入り口に鎮座する大仏様の頭。 少々、異様な雰囲気がしました。
151118_FNC18_270.jpg 151118_FNC19_270.jpg


店内に入ると和風では無かった。 チャイニーズ風でした。 ドイツからすると、ジャパニーズもチャイニーズも同じ様に映るのだろうか? しかし私もインド料理とネパール料理の区別がつかなかったりと、他国のことを良く知らないこともあります。 さて料理はと言うと、寿司やステーキ,春巻きがあったりと、かなりハチャメチャな感じでした。 
151118_FNC20_550.jpg


ここは怪しいエリア。 ここは通り過ぎただけです、本当...Hi 。
151118_FNC21_270.jpg 151118_FNC22_270.jpg


日が暮れる前に見た形が印象的なビルが、夜になるとライトアップされて、さらに印象的になっていました。
151118_FNC23_270.jpg


高層ビルは、都会的な演出がされていました。
151118_FNC25_400.jpg


ビルの地階
151118_FNC24_550.jpg


翌日はフランクフルト空港から帰国しました。 かなりダラダラと出張報告をしてしまいましたが、これで終わりにします。
また時間軸を戻していきます。

●スイス・ドイツ出張 10.フェルバート_朝の散歩

2016年 05月08日 17:39 (日)

スイス,ドイツ出張 7日目 2015年 11月 18日 (水)
朝、ドイツ・フェルバートの朝市を見た後、町を散歩しました。


ヨーロッパは教会が町の風景に溶け込みます。
151118_FVT13_400.jpg


小物雑貨店のショーウィンドー
151118_FVT14_270.jpg 151118_FVT15_270.jpg


洒落てるけど何の店か?
名前からすると ケーキ(クーヘン)ハウス と読めますが、下には ウイスキー&ワイン とあります。 今までの自分の知識では認識不能?
151118_FVT16_400.jpg


歴史を感じる旧い街並み
151118_FVT17_270.jpg 151118_FVT18_270.jpg


本屋
151118_FVT19a_400.jpg


小物雑貨店かなぁ?         可愛いジオラマ的ディスプレー。
151118_FVT20_270.jpg 151118_FVT21_270.jpg


上と同じ店
151118_FVT22_400.jpg


骨董品店?  旧い映写機      よく見ると日本の老舗メーカーの映写機でした。
151118_FVT23_270.jpg 151118_FVT24_270.jpg


ちょっとした遊び心が良いです。
151118_FVT25_550.jpg


ヨーロッパの お屋敷、良いですね。
151118_FVT26_550.jpg


ハートの窓。  日本じゃ、あり得ないか?
151118_FVT27_400.jpg


これも小物雑貨店。 小さな町にしては店が多い気がします。
需要が多いのかな?
151118_FVT28_270.jpg 151118_FVT29_270.jpg


暫し街並を
151118_FVT30_550.jpg


151118_FVT31_550.jpg


151118_FVT32_550.jpg


151118_FVT33_550.jpg


151118_FVT37_550.jpg


これは何の アンテナかなぁ? マストの中間辺りに丸い パラボラらしきものが見えるし 山間部なので、電話やテレビ、官公庁のマイクロウェーブ中継用と思われます。
151118_FVT34_400.jpg


ハム,ソーセージ専門店、奥にたくさんぶら下がっています。 流石、消費量の多い ドイツです。 WHOの発表は今さら言われても、ドイツの業者や庶民の方々は困りますよね。 しかし、” なんのその ” で食べているとは思いますが。
151118_FVT35_550.jpg


配電盤や部品をショーウィンドーでディスプレイするなんて、日本では考えられない? しかしデザインや色使いが良いので、美しく見えます。
151118_FVT36_550.jpg


八百屋
例の見たこと無い野菜の他にも、さらに見たことの無い野菜がいくつか並んでいました。
151118_FVT38_550.jpg


町の案内板
151118_FVT39_550.jpg


おばあちゃんの後姿が絵になります。
151118_FVT40_550.jpg


この後、フランクフルトに向けて移動しました。

もうちょっと、つづけます。

●スイス・ドイツ出張 9.フェルバート_朝市

2016年 04月17日 22:05 (日)

スイス,ドイツ出張 7日目 2015年 11月 18日 (水)
仕事も終わったので翌日に最寄り空港のフランクフルトからフライト予定で、この日の うちに移動しましたが、その朝 フェルバートの朝市に散歩がてら出掛けました。


朝市の広場です。
151118_FVT01_550.jpg


近づいて行くと花や見たことの無いアレンジフラワーの様なものが並べてある。
151118_FVT02_550.jpg


それらを並べている店。
151118_FVT03_550.jpg


松ボックリやハスを使ってるので、随分と地味なアレンジだなと思っていましたが、墓への供え物だそうです。
151118_FVT04_270.jpg 151118_FVT05_270.jpg


11月のドイツは墓参りの行事が、2回ある時期なのだそうです。
151118_FVT06_270.jpg 151118_FVT07_270.jpg


これは ” 魚魚っ!” 。 シャレですが、本当に ” ギョギョッ!” としました。
下に氷を敷いてはいましたが、確か冷蔵庫は無かったよなぁ?と思います。
しかし、この時期のドイツは屋外なら冷蔵庫は要らないかも知れません。
4~5℃くらいです。 でも、生では食べないと思いますので OK なんでしょうね。
151118_FVT08_550.jpg


八百屋  リンゴは沢山の種類があります。 ドイツは全体的に小振りが多いとのこと。
151118_FVT09_550.jpg


ニンジン,ブロッコリと来て、手前のは何だろう? イモ類?
151118_FVT10_400.jpg


帰国してから、ドイツ語翻訳で調べても分かりませんでした。
日本には無いですよね?
151118_FVT11_400.jpg


朝市は、これで終わり。 わりと小さめな規模でしたが、田舎町には十分なのでしょう。
151118_FVT12_550.jpg


この後、町を散歩しました。

つづく
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。