FC2ブログ

JF1UBH Homebrew Amateur Radio Station

今どきモノ好きにも 自作無線機での運用と、旧い無線機のレストアを中心に アマチュア無線を楽しんでいます。

11月 « 2018年12月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 01月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●ハムフェア 2018 新製品 その2

2018年 10月08日 22:53 (月)

ハムフェア 2018 での新製品、お次はこれ。
KENWOOD TS-890。 予想通り 990 の下位機種が出ました。
Hamfair2018_kenwood_01_500.jpg


これも FTDX-101 と同様のダウンコンバージョン方式をとっています。
ひと昔前のアップコンバージョン全盛の頃 、ダウンコンバージョンやシングルコンバージョン方式は、自作リグにしか残らないと言われていました。
しかし、アップコンバート後の 40MHz台や 70MHz台のフィルターは、8~9MHz 台のフィルターよりシェープファクターが優れていなかったため、近接妨害信号排除特性を重視する傾向が強くなってくると、ダウンコンバージョンに戻ってきました。
技術トレンドは、機器に要求される性能と部品の性能やコストとのバランスで、変わっていくものなのですね。

自分の自作 50MHz SSB 機も IF 9MHzのダウンコンバージョンです。
自作だとシンプルな、この方式が一番作りやすいという理由です。

TS-890は 8MHz 台の IF にダウンコンバートしてから A/D 変換しています。 ミキサ後段のルーフィングフィルターも FTDX-101 と同様に写真のクリスタルフィルターを通しています。
KENWOOD は慎重派のようで FTDX-101 と異なり、ディスプレイ信号も IF ダウンコンバートしたミキサ後段から信号を分岐しています。
ディスプレイ信号は広帯域が必要なので、ルーフィングフィルタを通す前段から信号をとります。
Hamfair2018_kenwood_02_350.jpg


ICOM は RF ダイレクトサンプリング SDR を採用していますが、八重洲無線とKENWOOD の2社が採用しているダウンコンバージョンに使用するミキサで発生する非線形歪みを懸念して、ミキサを使用しないダイレクトサンプリング方式を ICOM は提唱しています。
ここら辺の主張の是非は別として、メーカーの得意不得意が出ているのだろうなと思っています。

個人的には、いつか出るであろう TS-990 のバージョンアップか上位機種の登場が楽しみです。
買えないけど...
スポンサーサイト

●ハムフェア 2018 新製品 その1

2018年 09月24日 22:05 (月)

更新が遅くなりましたが、ハムフェア 2018 に行って参りました。
いやぁ~暑かった~。 ここ数年のハムフェアで最高に暑かったです。

新製品の目玉と言えば、先ずは これでしょう。
YAESU FTDX-101
Hamfair2018_ftdx101_01_500.jpg


完全な ダイレクトサンプリング SDR では無く、一旦 9MHz 台の IF にダウンコンバートしてから A/D 変換しています。 ミキサの後段にルーフィングフィルターとしてクリスタルフィルターを通しています。 この方式を八重洲無線では「狭帯域 SDR」 と呼んでいます。

ダウンコンバージョン機が幾つか存在するのは、やはり この周波数帯におけるクリスタルフィルターのシェープファクターによる帯域外減衰特性が優れているということです。
これにより近接不要信号排除特性が向上することを狙っています。
言い換えると RF信号を直接 A/D 変換するダイレクトサンプリングSDR では、BPFの帯域制限程度だと A/D コンバーターに多数の強力な信号が入力される可能性が高く、オーバーロード状態になることを懸念しています。
なので A/D コンバーター前段で帯域制限してから入力するという意図のようです。

ディスプレイ (バンドスコープ) には、ダイレクトサンプリング SDR の方式をとっています。 ディスプレイは広帯域が必要ですし、アッテネータを入れてオーバーロードを回避しても良いからでしょうか。 
(以上の知ったかぶりコメントは、ブースのパネルとカタログからの受け売り、そして素人の想像ですので悪しからず。Hi )
Hamfair2018_ftdx101_02_500.jpg


200Wタイプの想定価格帯を係員に聞くと、60万円前後とのこと。
「ウワッ!結構するなぁ。」 という印象。 だったらFTDX-5000 の方が良いかなぁ?
買えないけど...
Hamfair2018_ftdx101_05_500.jpg


101を名乗るのなら、旧 FT-101 のデザイン的な面影を少しは残して欲しかったものです。 特にダイヤルエスカッション周辺くらいはイメージを残して欲しかったです。
パッと見たところ似ているのは、メインダイヤル目盛りを指すブルーの三角形が相似形であることくらいです。
Hamfair2018_ftdx101_04_500.jpg


ところがカタログの裏面をよく見ると、
「●RFゲインコントロールに位置の確認が容易な往年のFT-101を彷彿させるノブ形状を採用」 とありました。 RF ゲインのノブだけかョ~!

つづく ⇒ KENWOOD TS-890

●ハムフェア 2017 その5

2017年 10月07日 14:39 (土)

ハムフェア 2017 での収穫品、オマケ的ノベルティです。

ヤエス ノベルティ CAP
hamfair2017_cap_300.jpg
これは ¥0 です。
昨年は並んでアンケートを書けばもらえたのですが、今年は条件が出来て 1.YAESU製品を持参して来た方 2.APRS云々... 3...だったかな? とにかくヤエス ブースでは条件が満たされず いただけませんでしたが、会場内でボランティアをしていた友人ローカル局からいただきました。 有り難う御座います。
とは言え、帽子をかぶるのは草取りの時くらいなのです。


デイトン ハムベンション ノベルティ ボールペン
hamfair2017_pen01_350.jpg


hamfair2017_pen02_350.jpg
これも ¥0 です。
午後4時頃になり、そろそろ疲れて足どりも重くブラブラしていると、デイトン ブースの前でWのオジサンに手招きされて近寄ると これを差し出され、いただきました。
「Thank you very much !」

また来年もジャンクを漁りにハムフェアに行くつもり!

●ハムフェア 2017 その4

2017年 10月01日 01:06 (日)

前回に引き続き、ハムフェア 2017 での収獲品です。

これまた 4系統の同軸切替器です。
これはちゃんとした高周波伝送機器メーカー、スタック電子の同軸切替器です。
御覧のとおり ¥1,000 の値付けがされており激安です。 意地悪にも さらに値切ったら、右の BNC/BNC 中継コネクタを 2個オマケに付けてくれました。 ゴメンナサイ!

左:同軸切替器(4系統)         右:BNC/BNC 中継コネクタ
hamfair2017_sw01a_300.jpg  hamfair2017_bnc_200.jpg


これも中を開けて見ました。
hamfair2017_sw05_400.jpg
基板のボトム側ですが明らかにリレーを使っていますね。 DC ~ 2GHz ,Zo = 50Ω と きちんと謳っていますので、前回の 2系統同軸切替器のように高周波リレーを使っていると思われます。

手動切り換え型は別として、電気式の同軸切替器は大出力用でなければ、前出 下の同軸切替器のように背負ったリレーで同軸構造の中心電極を駆動して切換えるタイプから、上記のような高周波リレータイプに代わって来ているのでしょう。
coaxsw_20150802_400.jpg


今年のハムフェアでの主な収獲品は こんなところでしたが、自分的には当たり年でした。 特に同軸切替器は安く入手出来ました。 無線機を含め測定器等、RF機器の切り換えや接続に使おうと思います。

新品なら数万円の物が千円単位で買えるのですから、ジャンク漁りは やめられません!

●ハムフェア 2017 その3

2017年 09月24日 22:48 (日)

ハムフェア 2017 での収獲品です。

左:パワー スプリッター/コンバイナー 右:同軸切替器(2系統)
hamfair2017_sw02a_400.jpg
それぞれが ¥1,000 だったのですが値切ったら、この二つで ¥1,000 になりました!
パワー スプリッター/コンバイナー (ミニサーキッツ製) は調べたら、500MHz ~ 1GHz でした、残念! 50MHz で使いたかったのですが、データシートのグラフを見ると 500MHz より低い周波数では ISOLATION が悪化して行く様子が見て取れます。

パワー スプリッターは一つの信号源から二つに分配するとき、コンバイナーは その逆で二つの信号を一つに合成するときに使います。 例えばスプリッターは一つの LO 出力を送受信別々のミキサーに供給する際に使います。 コンバイナーは受信機の2信号特性を試験する場合などに、二台のSSG出力を合成して受信機に入力する際に使います。
この動作は互いに可逆性があるので、入力信号の向きを逆にすると動作が逆になります。

何とかして 50MHz で使えないものかと思い、蓋を開けてみました。
hamfair2017_sw06_400.jpg


出た!マイクロストリップライン。
hamfair2017_sw07_300.jpg
これは私のレベルでは とても太刀打ちできない代物なので、すごすごと尻尾を巻いて蓋を閉めました。 いずれストリップラインを切り、抵抗器で分配器を作ろうと思います。 挿入損失が 6dB になりますが 50MHz も含めて広範囲で使えるようになります。


2系統同軸切替器はメーカー不明ですが12V 駆動なので、よくある 24V 駆動に較べて使い易いです。 ただ、中を開けたらオムロン製のミニチュアリレーが基板に載っていたので、少々ガッカリしてしまいました。
hamfair2017_sw03_300.jpg  hamfair2017_sw04_300.jpg
ケースのシールには ” 同軸リレー ” とあるので確かにリレーが載ってはいるが、果たして ” 同軸 ” と言えるのかどうか?と疑問が沸いてきました。 以前の同軸切替器といえば、同軸構造でインピーダンス整合がされており、芯線側が板バネになっていて切り換える物が主流でした。

このリレーを調べると 3GHz まで使える高周波リレーでした。 2.6GHz で SWR 1.5 以下、インピーダンス 50Ωというものでスペックは きちんとしているので少し安心しました。Hi  リレー内部は同軸構造ではなく ストリップラインとのこと、BNC コネクタが付いているから同軸リレーと呼んでいるのかナ? 昔からの慣例で同軸リレーと呼ばざるを得ないのでしょうかネ?

収穫品は次回に続きます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。