FC2ブログ

JF1UBH Homebrew Amateur Radio Station

今どきモノ好きにも 自作無線機での運用と、旧い無線機のレストアを中心に アマチュア無線を楽しんでいます。

07月 « 2018年08月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 09月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●中国出張 その1 蘇州

2018年 08月14日 14:27 (火)

少しの間、中国の蘇州と上海に仕事で出張していました。
何やかんやで、その前後も含めて無線もブログもSTOP状態でした。
会社の決算期が6月締めのせいもあり、毎年Eスポの時期になると何かと土日の不在日が多くなって、オンエアする時間が少なくなってしまいます。 トホホ~
会社のオフィスや工場の写真を出してもしょうがないので、休日にぶらついた観光地の写真を少し載せます。 中国の歴史に詳しくないため、説明はサラッと。

先ずは蘇州から。
上海浦東空港からクルマで高速を走って約一時間半。
イタリアの「ピサの斜塔」は世界的に有名ですが、中国蘇州にピサならぬ「虎丘の斜塔」があるのを御存知でしょうか? 実は、かく言う私も最近まで知りませんでした。
蘇州の雲岩寺にある雲岩寺塔で、俗称 虎丘塔がそれです。
ここには呉の時代の王様 闔閭(こうりょ)の墓があり、死後 埋葬された時に白い虎が現れ3日間 墓を守ったとされていて、この一帯を虎丘というようになったとのことです。
虎丘は世界文化遺産に登録されています。

入口の門の向こうに見えているのが それです。
少~し右側に傾いているのが分かりますか? 後ほどアップあり。
toraoka_20180528_01_400.jpg


門をくぐって少し行くと孫悟空...が休憩していました!
手の着ぐるみを取り、携帯電話(スマホ?)をいじっていました。Hi
真面目に仕事しろ~ ディズニーランドでは有り得ないけど、中国では有りなのですね?
gokuu_20180528_400.jpg


この廟門を通り抜けると...
toraoka_20180528_02_400.jpg


一面の石畳が拡がり、向こう側には千人石という石舞台が見えます。
toraoka_20180528_04_400.jpg


これは試剣石と言い、伝説で呉の王 闔閭が剣の鋭さを試すために切ったという石です。
同行した現地スタッフの中国人が日本語で「ウソ!」と私の耳元に小声で囁きました。Hi
toraoka_20180528_03_400.jpg


幾つかの門をくぐって登って行くと、思ったよりも早く虎丘塔が近づいて来ました。
toraoka_20180528_05_270.jpg toraoka_20180528_06_270.jpg


雲岩寺塔の直下で。
通称 虎丘塔 959年建立、高さ 47.7m 傾斜 3.95°
ちなみにピサの斜塔は、高さ 55.86m 傾斜3.99°だそうです。
トップに 6mの八木でも上げたら飛びそうです。
toraoka_20180528_07_350.jpg


蘇州のもう一つの名所 「寒山寺」 です。 除夜の鐘で有名な寺です。
5元で鐘を突かせてくれます。(出張当時のレート:1元≒17.77円)
kanzanji_20180528_350.jpg

蘇州は ここら辺で。
盆休みにこれを書いていますが、また仕事が始まると次の更新はいつになることやら。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。