FC2ブログ

JF1UBH Homebrew Amateur Radio Station

今どきモノ好きにも 自作無線機での運用と、旧い無線機のレストアを中心に アマチュア無線を楽しんでいます。

09月 « 2018年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 11月

●ハムフェア 2018 新製品 その2

2018年 10月08日 22:53 (月)

ハムフェア 2018 での新製品、お次はこれ。
KENWOOD TS-890。 予想通り 990 の下位機種が出ました。
Hamfair2018_kenwood_01_500.jpg


これも FTDX-101 と同様のダウンコンバージョン方式をとっています。
ひと昔前のアップコンバージョン全盛の頃 、ダウンコンバージョンやシングルコンバージョン方式は、自作リグにしか残らないと言われていました。
しかし、アップコンバート後の 40MHz台や 70MHz台のフィルターは、8~9MHz 台のフィルターよりシェープファクターが優れていなかったため、近接妨害信号排除特性を重視する傾向が強くなってくると、ダウンコンバージョンに戻ってきました。
技術トレンドは、機器に要求される性能と部品の性能やコストとのバランスで、変わっていくものなのですね。

自分の自作 50MHz SSB 機も IF 9MHzのダウンコンバージョンです。
自作だとシンプルな、この方式が一番作りやすいという理由です。

TS-890は 8MHz 台の IF にダウンコンバートしてから A/D 変換しています。 ミキサ後段のルーフィングフィルターも FTDX-101 と同様に写真のクリスタルフィルターを通しています。
KENWOOD は慎重派のようで FTDX-101 と異なり、ディスプレイ信号も IF ダウンコンバートしたミキサ後段から信号を分岐しています。
ディスプレイ信号は広帯域が必要なので、ルーフィングフィルタを通す前段から信号をとります。
Hamfair2018_kenwood_02_350.jpg


ICOM は RF ダイレクトサンプリング SDR を採用していますが、八重洲無線とKENWOOD の2社が採用しているダウンコンバージョンに使用するミキサで発生する非線形歪みを懸念して、ミキサを使用しないダイレクトサンプリング方式を ICOM は提唱しています。
ここら辺の主張の是非は別として、メーカーの得意不得意が出ているのだろうなと思っています。

個人的には、いつか出るであろう TS-990 のバージョンアップか上位機種の登場が楽しみです。
買えないけど...
スポンサーサイト