JF1UBH Homebrew Amateur Radio Station

今どきモノ好きにも 自作無線機での運用と、旧い無線機のレストアを中心に アマチュア無線を楽しんでいます。

06月 « 2018年07月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 08月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●ハムフェア 収穫

2015年 09月05日 11:56 (土)

今年のハムフェア2015 での収穫は、地味なものでした。

以下、全4点。
FAIR20150823_01_400.jpg


アンテナコート 1缶 ¥100
次回アンテナを上げるときに使おうかと。
FAIR20150823_02_300.jpg


セラミック トリマコンデンサ 20pF 10個 ¥100
いつか作り始めるであろう? 次回の無線機自作に備えて、買っておきました。
FAIR20150823_03_300.jpg


ロータリースイッチ 2個 ¥100 (¥50×2個)
これも上記同様、自作に備えて。 新品は高いので。
接点をクリーニングすれば問題ありません。
FAIR20150823_04_300.jpg


SMAケーブル 1m ¥300
スペアナとトラジェネ接続用
スペアナをラックに入れる際、上に載っかっていたトラジェネを横に置いたため、LO接続ケーブルが届かなくなったので、SMAコネクタと1.5D-2Vで延長ケーブルを作ったところ、トラジェネのIN/OUT 直結で周波数特性が フラットにならなくなってしまい、これを改善するべく買いました。
FAIR20150823_05_300.jpg


締めて 600円也、ショボかったです。 往復交通費 2千円以上も かけて行ってるのに!
私のジャンク漁りは、目当ての部品を探しに行く訳では無く、「これは何かに使えないかなぁ?」 と、モノを見ながら考えるのです。 すると 「いつか何かに使えるかも?」 とか 「こりゃ使い物にならないな」 と浮かんできます。 このときが実に楽しいのです。

私見ですが 年々ジャンクの掘り出し物が、品種,品数ともに減っている気がします。 特に RFパーツが。 しかし楽しみの一つなので、来年も掘り出し物を探しに行くでしょう。

ビッグサイトからの帰り、幕張メッセ近くで千葉のローカル局とアルコール変調をかけて、過変調気味で帰宅しました。 そっちの楽しみのウェイトが大きくなって来るのかも?
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。