FC2ブログ

JF1UBH Homebrew Amateur Radio Station

今どきモノ好きにも 自作無線機での運用と、旧い無線機のレストアを中心に アマチュア無線を楽しんでいます。

11月 « 2018年12月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 01月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●いただいた同軸切替器

2017年 01月29日 16:26 (日)

昨年末のローカル局との忘年会で、懇意にしていただいている局から 3系統の同軸切替器
を新品なのにタダで いただいてしまいました。 有り難いものです...嬉しい。

ANTSW_201701_01.jpg


中国製とのこととメーカー名の記載も無いので、一応 特性を見てみました。
先ずは通過特性。
ANTSW_201701_02.jpg

周波数が高くなるとリプルが出始め、マーカー 50.4MHz では -0.52dB のロスです。
反射が起きている影響かと思われます。
測定器と接続するための安物M-BNC変換コネクタが心配だったので、同軸切替器を
通さずM-M ストレート延長コネクタで見ましたが、リプルは問題ないレベルでした。
通過特性は微妙ですが、まぁ いいかな?というレベルです。

次に隣接系統とのアイソレーション特性です。
ANTSW_201701_03.jpg


マーカーは同じく 50.4MHz 。 低い周波数から急激にアイソレーションが悪化します。
50MHz では、28.5dB しかアイソレーションがとれません。
(表示は -38.5dB ですがREFレベルが -10dB なので 10dB 差し引きます)
100MHz 以上では、かなり漏れるという状態です。

30MHz で、やっと 35.9dB のアイソレーションです。
ANTSW_201701_04.jpg


この切替器は HFローバンドでは問題なく使えそうです。 HFハイバンドや50 MHz では
隣の系統から強い信号が抜けてくるとか、送信テスト時 ダミーロードに切り換えても
隣の系統のアンテナへ電波が漏れて、ローカル局では受信できてしまうということになる
かも知れません。 しかし、かなり安いと聞いているので HF用としては ハイコストパフォーマンスな同軸切替器です。

これを くださったローカル局殿、いただき物を試験して申し訳御座いません。
有り難う御座いました。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。