FC2ブログ

JF1UBH Homebrew Amateur Radio Station

今どきモノ好きにも 自作無線機での運用と、旧い無線機のレストアを中心に アマチュア無線を楽しんでいます。

11月 « 2018年12月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 01月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●最新のテクトロニクス

2018年 03月10日 22:55 (土)

会社の開発現場で使っているオシロスコープが古くなって来たため、新型を導入して欲しいと 技術者から要望が出たので、最新のオシロスコープを 3台購入しました。
そのうち 2 台がテクトロニクス製で、1 台が中国製です。

昭和のエンジニアにとってテクトロニクスは憧れのオシロスコープで、一目置かれていました。 しかも 1MHz あたり 1万円と言われていた時代もあり高嶺の花でした。 つまり帯域 100MHz のオシロは約 100万円と言われていました。 しかしディジタル化して競合が増えて低価格化して来たことにより、アナログ時代の技術的優位性や独創性が薄らいだ気がします。
(気がするだけかも知れないですが?)

テクトロが 2台揃って。 右側はスペアナ内蔵の上位機種。 
tek_20170428_400.jpg


スペアナ内蔵機種  一番右下が S/A 入力コネクタ。
tek_20170501_400.jpg


パネルは樹脂製の明るい色で、スイッチの色もカラフルになってしまい、TFTカラー液晶ディスプレイなので薄くなっており、昭和世代の私にとって、これはラジカセ? と思ってしまうのです...あの頃のラジカセでさえ、これほど明るくて色も付いていなかったとは記憶していますが。

真ん中の大きい二重ダイヤルはジョグダイヤルになっていて、水平軸の切換えでなく水平軸の時間ズームとパン調整になっている。 水平軸切換えは、その右下の小さなダイヤルのため時間を調整するとき、どうしてもジョグダイヤルに指が行ってしまうのは昭和のオジサンの性でしょうか?。 昔からの操作感は通用しません。
慣れの問題でしょうが、オジサンには違和感が大きいです。 Hi


少々前のテクトロ 3000シリーズ ディジタル フォスファ オシロスコープ(会社の設備)
パネルは樹脂製だが、まだ それほどカラフルではない。 これも TFTカラー液晶ディスプレイ。
tek_2017050201_350.jpg


これも 20年位前のテクトロ 300シリーズ ディジタル オシロ スコープ(会社の設備)
これもパネルは樹脂製だが、ほぼ色気なし。 これはラスタスキャンブラウン管
tek_2017050202_350.jpg


いまだ現役、自宅にあるウン十年前のテクトロ 465シリーズ アナログ オシロ スコープ
これ辺りが昭和年代の方には お馴染みですね。 時間軸は右側のセンターが赤いダイヤルをガチャガチャガチャと回します。 パネルも筐体も、しっかりと金属製です。
如何にも電気屋の道具といった貫禄があります。
940S_OSI_RY_01_400.jpg


アマチュア無線機もそうですが、昔は操作パネルも鉄やアルミダイキャストのガッチリしたモノでしたが、今は樹脂製で重みや貫禄が感じられません。 現代のモノは無線機や測定器に限らず、昔に比べ性能的には圧倒的に優れているのですが、見た目は華奢な感じのモノが多いですね。
デザインが洗練されて来たという言い方もありましょうが、コスト的な理由で安い材料を使い、手間をかけずに少ない工数で大量に作り上げることを極めていくと、濃い味が薄味になっていく、そんな感じの印象を受けます。

それが時代の流れなのでしょうか?
こんなことを言いだすと「ジジィ」ですね。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。