JF1UBH Homebrew Amateur Radio Station

今どきモノ好きにも 自作無線機での運用と、旧い無線機のレストアを中心に アマチュア無線を楽しんでいます。

06月 « 2018年07月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 08月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●自作局との出会い 2

2017年 10月17日 21:59 (火)

先日、自作無線機で 6m SSB にオンエアされている OMと QSO出来まして大変喜んで居ります。 埼玉県川口市にお住まいの JH1FKT 局です。

リグの構成は 5MHz VFOと 9MHz SSBジェネレータを MIXし、14MHz SSBトランシーバを親機として トランスバータで 6m に持ち上げて運用されています。

ブログを拝見し ”ぶったまげた!” という感想です。 マイクロ波帯の自作がメインとのことで、測定器群 特にスペアナが充実しています。 素晴らしいですね!
http://www.geocities.jp/laputer636/

後日、メールで自作ユニットの写真を送ってくださいました。
斜めにアートワークされたストリップラインのバンドパスフィルタが技術レベルの高さを物語ります。 ユニットケースは 分厚いアルミ板を組み立てていると思われ、見るからにガッチリ感があります。
JH1FKT_171005_01_350.jpg


自作ユニット群と 24GHz のセット
これだけ作るには、大変な手間と御苦労があったと思われます。
右端のラッパが、たまりませんな! 私からすれば ”異次元” の世界です。Hi
JH1FKT_171005_02_500.jpg


話しを伺うと QSO する以前から、このブログを見ていただいていたということで、滅多に出さない私の CQ をたまたま受信して呼んでいただいたとのことです。

やはり、これも御縁なのでしょう。 自作をされている方同士の間には、引力が働いていることを またもや感じた次第です。
数少ない自作局同士として、今後とも情報交換をさせていただければと思っています。 許可をいただいたので、リンクを張らせていただきました。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。