FC2ブログ

JF1UBH Homebrew Amateur Radio Station

今どきモノ好きにも 自作無線機での運用と、旧い無線機のレストアを中心に アマチュア無線を楽しんでいます。

11月 « 2018年12月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 01月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●TS-511S AGC修理 その1

2018年 02月07日 22:30 (水)

所有している旧いリグ達に故障が無いかチェックするためと、また電解コンデンサのエージングと自己修復のため、週に1度は4,5時間電源を入れることにしています。

最近気がついたのは、そのうちの TS-511S に電源ONしてから しばらく経つと AGC が SLOW 設定であっても時定数が短くなり、まるで FAST 設定の様にリリースタイムが速くなることでした。
電源ON直後は問題ありません。 という訳で正月休みから修理に取り組んでいます。
(が、未だ解決していません。Hi)

511S_AGC02_20171203_450.jpg


511S_AGC03_20171203_400.jpg


温度による状態変化と判断し、先ず半導体を疑いました。
1. AGC切り換えのSLOW回路にあるゲルマダイオードを交換しました。
 「変化なし」 
511S_AGC06_20171203_300.jpg


2. 次にAGC検波のトランジスタ交換。
 「ウ~ン、これまた変化なし」 
511S_AGC05_20171203_400.jpg


3. 半導体では無さそうなので SLOWの時定数を決めるフィルムコンデンサ交換。
 「ムム、これも駄目!」
511S_AGC04_20171203_350.jpg


ちなみに部品交換時は、このように半田の煙を自作の排煙器で窓から排気しています。
511S_AGC07_20180110_450.jpg


急冷剤を使い、あちこちを冷やしまくるけれど犯人が見つからない!
ここまで来て、「本当に温度が関係するのか??」と考え込む。
ふと思いつき、電源OFFして2,3秒後 再び電源ON⇒「ゲゲッ!」復帰している。
でも数分経つと時定数が短くなる⇒また電源OFFして直ぐON ⇒ 復帰している。

当初は劣化した部品が温度上昇で不安定になったり、ドリフトが原因と安直に考えていましたが、この症状からすると どうやら温度では無い様だと分かり、ようやくオシロで回路を追うことにしました。

正月休みから合間で作業しているので、中々原因がつかめず 中だるみしています。

つづく
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。