FC2ブログ

JF1UBH Homebrew Amateur Radio Station

今どきモノ好きにも 自作無線機での運用と、旧い無線機のレストアを中心に アマチュア無線を楽しんでいます。

09月 « 2018年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 11月

●TS-511S AGC修理 その2

2018年 02月25日 16:16 (日)

前回に引き続き、 正月から TS511S の修理を試みて原因が分からず、半ば暗礁に乗り上げて作業机の上で起きっ放しになっていましたが、やっとのことで解決しました。

AGC検出電圧が入力される IF 段 真空管 6BA6 の第 1 グリッドをオシロで見ていると、時間経過とともにグリッド電圧が上昇して行くのが分かりました。
左のシールドカバーを外した真空管です。
511S_AGC02_20180108_400.jpg


どうも電圧が上昇する理屈が分からないので、手持ちの 6BA6 と交換して見ました。
すると時間経過後も AGCの時定数変化は起きませんし、グリッド電圧も安定しています。 
511S_AGC01_20180108_350.jpg


コイツが犯人でした。
511S_AGC05_20180110_200.jpg

何だろう? テスターチェックで電極同士のタッチは無し。
リーク? 真空度の低下? 経年劣化で起きる??
ウ~ン、真空管自身に問題あるトラブルシューティングには自分は弱いです、Hi。

真空管に辿り着くまでの間、部品交換するため ソケットだらけにしちゃいました。
511S_AGC04_20180108_300.jpg

もっと早くから現象をつかむべきでした。 反省!
修理できたものの後味が悪い結末でした。
スポンサーサイト