FC2ブログ

JF1UBH Homebrew Amateur Radio Station

今どきモノ好きにも 自作無線機での運用と、旧い無線機のレストアを中心に アマチュア無線を楽しんでいます。

08月 « 2018年09月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 10月

●スピーカー アンプ

2013年 07月26日 17:42 (金)

バランスドモジュレータ復調部からの低周波信号をスピーカー駆動できるレベルに増幅します。 定番 LM386(ナショナルセミコンダクタ製 現在TIに吸収)を使用しています。

電源を受信時の R12 から供給すると、送信から受信に切り替わるときに、「ポコン」とか「バツン」とスピーカーから、ショックノイズが出てしまうため、フィーリングが悪くなります。 それで、切り替え無しの +13.8Vを供給しますが、送信時にも動作するので、スピーカーからヒスノイズが出てしまいます。

これを避けるため、送信時に入力信号ラインを MOS FETでミュートします。 またMOS FETのバイアスにCRの時定数をもたせ、送信から受信になって 約10数mS後に復帰をさせています。  これにより、切り替え時のショックノイズは無くなり、フィーリングが改善されました。

SP AMP
スポンサーサイト