JF1UBH Homebrew Amateur Radio Station

今どきモノ好きにも 自作無線機での運用と、旧い無線機のレストアを中心に アマチュア無線を楽しんでいます。

06月 « 2018年07月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 08月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●送信ミキサ ポストアンプ

2013年 07月27日 17:47 (土)

受信ミキサ同様、送信ミキサ出力ポートのインピーダンスと同じ 50Ωで受けるためポストアンプを設けます。 2SK125ゲート接地パラで入力インピーダンスは約50Ωです。

プリミックスローカル41MHz ± IF9MHz= 50MHzと32MHzなので32MHzがイメージです。 本来ならダイプレクサで50MHz以外を終端しますが、高レベルで駆動するため イメージレベルも大きいので、多少インピーダンスの暴れを承知で、32MHz のトラップを入力側に入れました。 ローカルリークも大きいので出力側に41MHzトラップを入れてあります。

             TXミキサポスト

TXMIXPOST.jpg
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。