FC2ブログ

JF1UBH Homebrew Amateur Radio Station

今どきモノ好きにも 自作無線機での運用と、旧い無線機のレストアを中心に アマチュア無線を楽しんでいます。

11月 « 2018年12月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 01月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●基板

2013年 07月29日 18:08 (月)

サイズ
ユニットの写真から分かりますように、個別の各ユニット基板は 外形寸法 100×50mm と 50×50mm の2種類に統一しました。 これにより、ユニット毎に製作して動作確認が できるのと、信号の流れに沿って 自由に取り付けや変更が、できることが メリットです。

パターン
製作当初は真面目にアートワークパターンを作成しエッチングしていましたが、そのうち面倒になり、ベタグランド(グランドプレーンとも言います)基板にFCZ基板を貼り付けて部品を実装していきました。 量産基板やキット基板では無いので アートワーク作業に時間を費やすのは勿体無いのと、高周波的には この方が性能が出しやすいためです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。