FC2ブログ

JF1UBH Homebrew Amateur Radio Station

今どきモノ好きにも 自作無線機での運用と、旧い無線機のレストアを中心に アマチュア無線を楽しんでいます。

08月 « 2018年09月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 10月

●受信プリアンプ

2013年 08月08日 16:08 (木)

受信プリアンプ ゲイン測定
 IP優先アンプ:約 6dB
 感度優先アンプ:約 18dB

測定して気が付いたのですが、偶然にもプリアンプのゲインが アッテネータの減衰量とほぼ同じでした。 これが分かっていると、アッテネータと組み合わせて便利なときがあります。 相手局の電力アップダウンやアンテナゲイン等の大まかな比較が可能です。

例えば、QSO相手局が 50W⇒200Wの4倍に電力アップしたとき、6dBアッテネーションすれば、Sメータは同じ振れになります。 その逆に 200W⇒50W の1/4倍に電力ダウンしたとき、IP優先アンプ(ゲイン6dB)を入れると、これも Sメータは 同じ振れになります。 (理論上の話し。多少のズレは生じます。)
同様の方法でアンテナのFB比やFS比も、大まかな見当がつきます。
スポンサーサイト