FC2ブログ

JF1UBH Homebrew Amateur Radio Station

今どきモノ好きにも 自作無線機での運用と、旧い無線機のレストアを中心に アマチュア無線を楽しんでいます。

11月 « 2018年12月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 01月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●本体組込み

2013年 07月29日 18:12 (月)

TS-510 の VFO とギヤメカ 以外は、本体シャーシから取り去り、製作したユニット基板を取り付けていきました。 ユニット基板の取付け穴ピッチで、複数の穴をあけたアルミ板を介してシャーシに取り付けています。

ユニット間の高周波信号接続には、1.5D-2Vケーブルと 大宏電機TMPシリーズコネクタを使いました。 メーカー製無線機も使用しています。

組み込み後の上面内部と下面内部を示します。

上面

            上面内部:主に受信部
 (受信ミキサ,ミキサポストアンプ,IFアンプ,クリスタルフィルタ等)


   内部斜め1_560_420

            上面内部手前:IF 部
 (ミキサポストアンプ,IFアンプ,クリスタルフィルタ)


   裏面

            下面内部:主にプリミクス,送信部
(キャリア発振,バランスドモジュレータ,ローカルアンプ,ドライバ,ファイナル等)


シャーシ後部の ファイナル ボックスは、どうしようかと考えた末に スピーカーボックス にしました。 バッフル効果を出すために、スピーカーコーン前面以外のパンチングメタルの穴は、裏から樹脂板で塞いでいます。 また、内部は吸音材を入れてあります。

      スピーカ2
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。